洞爺ガイドセンター -洞爺湖の自然やツアー風景などを発信中 : ブログ- www.toya-guide.com

カヌートレーニングの合間に・・・あれ?

ゴールデンウィークの天気がパッとしませんね。

カヌートレーニング中

そんな時は、カヌーのトレーニングです。
新人さんにカヌーを教えていました。
お見合いしているようですが、
これは1人乗りの練習中です。

天気が回復するのを待ちつつ、
お客様と安全で楽しい時間が過ごせますように。

そんな風景を撮っていた足下には・・・・

あ!

見つけちゃいました!

小さすぎるので数年後を楽しみにするとしましょう。
(ギョウジャニンニクなのです)

自分が食べる分は、今度のお休みにでも採りに行ってみようかな。

(ゆ)

ゴールデンウィーク始まりましたね!

まだまだ寒さが残る春の洞爺湖ですが、いよいよGWが始まりました。
しかし、昨日今日と風が強いですねー。

カヌーツアーはこの風との戦いですが、中島では風向きが良く影響しほぼ無風状態です。

そんな島で散策中に見つけた、中島の動物たちを紹介します。

 

・エゾシカ(メス)

まだまだ冬毛です。左の1頭は、耳にイヤータグ、首には電波発信機が付いています。
そう、調査の対象となっているエゾシカです。
周辺のエゾシカに比べると、体が一回り小さいのが、中島のエゾシカに共通に見られる特徴です。

中島 春のエゾシカ。 冬を越えて、やはり痩せていますね。

・エゾリス

こちらも冬毛が残っていますね。
耳の長い毛は、夏毛になるとすっかり短くなり、体全体も赤茶色に変化します。
彼らは冬眠しませんが、雪のなくなった地面は
明らかに食べ物が見つけやすくなっています。

ドイツトウヒの松ぼっくりでお食事の最中でした。

中島 春のエゾリス。 冬毛が残った耳がキュートですね。

こんな風景に毎日出会えるとは限りませんが、
中島で実施している「エゾシカ&巨木ウォッチングツアー」は
こんな住民たちにも出会うことがあります。

皆様のご参加、お待ちしております。

(ゆ)

グリーンシーズンツアー紹介その1 「春の洞爺 絶景を巡る」

世間ではとっくに春ですね。
北海道は「いよいよ」春です。

湖畔の雪もほぼなくなり、日に日に春めいてきています。
(サクラは例年GW頃に開花ですよ)

そんな、日々変わっていく洞爺湖湖畔で、
感動を探すツアーが「春の洞爺 絶景を巡る」です。

湖畔に可憐に咲く「春の妖精たち」、

春の花 フクジュソウ

春の花 キクザキイチゲ
今しか見られない幻の岸辺、

春の湖畔風景 今だけ現れる幻の岩礁
静かですんだ洞爺湖の水・・・・・。

春にしか見られない景色を一緒に探しに出かけましょう。

詳細はコチラ