洞爺ガイドセンター -洞爺湖の自然やツアー風景などを発信中 : ブログ- www.toya-guide.com

北海道の美しさ

この冬は、気温や積雪も同じ北海道でずいぶんと違います。

ここ洞爺湖がある胆振地方は、例年に比べて積雪が半分程度。
そうかと思えば、ニセコ地方は例年通りの積雪で、
1日で50cmもパウダーが積もったりしています。

洞爺湖の南側は太平洋側の影響を受けて、冬場でも良く晴れます。

上空の強風が、目に見えるよう

洞爺湖の北側は、山間部の影響を受けて、比較的雪が多く積もります。
そこを更に北に向かえば、一気に雪国です。

 冬の厳しさと、美しさ

そして足元を探してみると、ここにも一風変わった冬がいました。

青々とした氷?

それらを一気に体験できる洞爺湖って、
本当に恵まれた場所なんだなーー。

って時々思うのです。

(ゆ)

嵐の後にやってきたもの

まぁ、北の地も荒れました。
強風強風。しかしここ洞爺湖には雪降らず・・・。

なんですけど、彼女たちはお構いなし!
札幌のホテルから、日帰り洞爺湖!
ありがとうございます!


本人たちのご希望通り、遊び回り、走り回ってきました。

○○は喜び庭駆け回り・・・

そして、洞爺の地からはこんな贈り物のような景色もいただきました。

冬の芸術と出逢う

そして、冬でもみんな、「湖に立ってみたい」んだねー。

そして、やっぱり・・・。

ご利用ありがとうございました。

(ゆ)

荒れ荒れ模様ですが・・・

洞爺湖も天気は大荒れ・・・
湖畔の最高気温はなんとなんと+4℃。

湖畔では『雨』でした。

桜の木を伝ってきた、一粒の滴

今年は本当に雪がないなー。

なのですが、この日のゲストは
「モーレツに降る雪が見たい」
「一面の雪景色が見たい」

なぬー!
ならば、湖を離れてみますか?

近くの山までクルマでアクセスしてみれば、
ほら、この通り!

ひとたび標高を上げてみると・・・

どうだ!さむいっしょ?
いや、まだまだ

もっと登ってみたら、ダケカンバが迎えてくれました

参ったか!(すみません、調子に乗りました)
それはそれは美しい、ダケカンバに出逢いました。
そして彼らは、雪と氷でお化粧して待っていてくれたのです。

良かったなー!

(ゆ)

ただ、非現実に遭いたくて

いや、本州も大変そうでしたが、北海道もシバレました!
空港も、JRもけっこう大荒れの数日間でしたね。

この日のゲストは、首都圏からの一人旅の方でした。
普段相当、相当お忙しいらしく、
出張を機に、半ば「強制的に」お休みをいただいたんだそう。

そんな彼のリクエストは

「非現実的な場所に身を浸したい」

と理解しました。

それならば!今しか見られない湖畔の氷シリーズ!

先日までの北風で湖畔に出来た、氷の彫刻。

厳冬の空を閉じこめた氷

それが解けて残った、不思議な浮遊体。

水上に浮かぶ氷

そして、こんなに湖面が凪いでいたら、
そりゃ、行くでしょ!

そして、湖と同化する

ご利用、ありがとうございました!

(ゆ)